読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京大賞典を勝ったアポロケンタッキーから規制薬物検出

「えードーピングしてたの?」

というのがぱっと頭に浮かんだ感想でした。
つい先日行われた東京大賞典。JRAの馬が人気を集める中どこか忘れられていたアポロケンタッキー驚きの走りを見せて勝ったばかりです。


http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=118132

netkeibaの記事によると「規制薬物は競馬法で定められた禁止薬物と違い、競走能力への影響はないとされ、事後失格の対象にはならない。」とありました。うーん?ドーピングじゃないなのか。。でもダメな薬物??


https://twitter.com/sudatakaoshoten?lang=ja

で、ネットで色々しらべていたら須田鷹雄さんのtwitterが分かりやすいとのこと。
禁止薬物:能力を増減させる薬 使用禁止 失格もあり
規制薬物:能力に影響ない薬 使用に制限 失格はない

競争能力を増ならわかるけど減?と疑問に思いましたがわざと負けることもありえますね。

競走馬を無理使いして人馬に危険が及ばないようにすることが目的のようです。
東京大賞典という大きなレースで起きたのは残念です。ディープインパクト凱旋門賞の時ももやもやした気持ちになりました。
ただし、須田鷹雄も言ってますが問題点とJRAが下した判断が発表されただけで原因や経緯もわからないし今の段階ではなにもわからないよってことなんでしょう。いつだったか薬物検出された競走馬の厩舎が処分されましたが原因が飼葉にあったという事件もありましたし今後の調査に注目するしかないんですね。

しかし競馬と薬物の話は定期的に聞くなーと思ってぐぐってみました。

2016年12月岩手競馬 3頭から禁止薬物 ニコチン
これは「禁止薬物」ですね。3頭とも1着でした。

2016年11月笠松競馬 禁止薬物 ボルデノン
アナボリックステロイドだそうです。ニコチンは煙草などに含まれてますがステロイドは意図的に投与した可能性が高いそうです。

2015年12月JRA 禁止薬物 カフェイン
上でも書きましたが非常にもやもやしたピンクブーケ事件です。結局悪いのはJRA?

2015年11月佐賀競馬 禁止薬物 カフェイン
当該馬は船橋に移籍し連勝しましたが現在は抹消しています。

2015年3月名古屋競馬 禁止薬物 カフェイン
2012年12月高知競馬 禁止薬物 ボルデノン

などなどやっぱりたくさん出てきました。こうして公になってるだけまともなんですかね。

昨年の東京大賞典は久しぶりに会った友人と観戦して楽しめたのでこの発表なんかガッカリです。馬券もガッカリだったんですけどね。

f:id:nankan4:20170116224133j:plain